なぜフルハイトドアが選ばれるのか? その 1 「反りを抑制する技術」「枠レス納まり」の開発

フルハイトドアが誕生した2005年以前は、2メートルを超えるハイドアと 呼ばれるものは国内にほとんど存在しませんでした。 背の高い木製ドアは反りやすく、各社とも品質確保の技術がないために 製品化に踏み切ることが出来なかったからです。

  • 1942年      創業
  • 2005年      フルハイトドアリリース
  • 2016年      8月時点での累計出荷本数

1,000,000本以上全国4万世帯を超えるお客様に、ご愛用いただいております。

なぜフルハイトドアが選ばれるのか?その2優れたコンセプト!

「フルハイトドア」のコンセプト

天井まで届く室内ドアがもたらす開放的な住空間の創出と、完全枠レス収まりによるドアの壁面化。

一般的な室内ドア空間が分断されここの部屋には閉塞感が出てしまう。部屋の天井を遮ることなく空間をつなぐことで開放感を創出することが出来る

なぜフルハイトドアが選ばれるのか?その3革新的なデザイン!グッドデザイン賞受賞

反りを抑制する特許技術と完全枠レス納まりは、リリース以来10年経った今でも、数多くのお施主様からの支持をいただいています。 今回の受賞では、デザインだけでなく品質などの全てにおいて高く評価されました。

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント

枠無しで構成されたこのドアは、あらゆる角度で開発がなされたように思う。
単にフルハイトドアと言うだけでなく、その為に必要とされる建具自体の重量、
ヒンジの納め、フルハイトを活かすガラススリットと、枠をなくした事から
同時に全てのパーツに可能性を感じる。

フルハイトドアユーザーの声

工務店さんの声

  • 販売契約工務店(三重県)
  • 年間建築棟数    40棟
  • 1棟単価           2,800万円~3,000万円
  • 年間売上         12億円
  •  
  • お施主様には「広く、明るく、大きい部屋が欲しい」という欲求があります。
  • 日本の狭い国土では多くのお施主様は限られた建築面積しかありません。その欲求に応えるためには
  • 「部屋のつながりを表現する」「お金をかけて吹き抜けを作る」この2つしかないと考えています。
  • しかし吹き抜けは見栄えが良いのですがコストがかかりすぎるのと冷暖房効率を悪くします。
  • 一方、フルハイトドアは空間を繋げることができる唯一の商品です。
  • 単に空間を遮ってしまう従来の2mのドアと比較すると、フルハイトドアは空間を広げお施主様のニーズである
  • 「広く、明るく、大きい空間」を演出することが出来ます。
  • 劇的に空間を変えられ、お施主様のニーズに応えられる商品として当社はフルハイトドアを標準的に採用しています。

お施主様の声

  • 神奈川県在住     KM様
  • 年 代              40代
  • ご家族構成        妻・子供2人(小学生・幼稚園)
  • 入居時期           2年前
  •  
  • インテリア雑誌で以前天井まで開いてるドアが掲載されているのを見て、「カッコイイなぁ」と思って
  • いました。我家はけっして広くないので普通のドアにしてしまうと狭く感じると思って、壁の白色と同じ色
  • のフルハイトドアを選んで圧迫感をなくすようにしました。
  • 開けた時に空間が広がり、閉めても壁と一体感があるのでドアの存在感を消すことができて全然違和感
  • のない空間を演出することができました。
  • 建ててから2年経ちますが今のところ不便さもないし満足しています。
  • それからドアップのシステムもいいですね。いずれ子供が引き込みたがる歳になった時、ガラス入りのタイプ
  • に変更すれば見え過ぎないけどなんとなく中の様子が分かる感じになって安心できると思うんです。

万全のバックアップ体制【神谷コーポレーションの支援体制】フルハイト塾開催FULL HEIGHT SCHOOL

フルハイト塾の内容 1、加盟店準備2、スタートアップ研修(営業編)3、スタートアップ研修(業務編)4、営業活動スタートとなっており、その後継続的に月1回フォローアップ研修をおこないます。万全のサポート体制のもと、神谷の精鋭スタッフが加盟店様に丁寧にご説明します。