入社1年目の私が伝える!Part1『就活なんかに負けない』

こんにちは~。ついこの間まで学生だったのにいつの間にか社会人になっている…そう感じて早8カ月、神谷コーポレーションの池上です。
突然ですが、会社説明会やOB訪問ってどんなイメージですか?会社のいいところしか見えなくて心配じゃないですか?
そんな不安を解消すべく、入社1年未満の私だからこそ、皆さんにお伝えできる全てをお話ししたいと思います!

充実しかしてない学生時代

大学2年から4年までの3年間、青森で一人暮らしをしていました。
東京まで夜行バスで12時間、実家は中部地方なので その距離1000km越え
市内には電車も通っていません。結構な僻地だと思います。
それに、お盆が過ぎると長袖必須、何なら夏の夜も長袖じゃないと寒いというくらい極寒の地。
冬場は車の窓ガラスが内側も凍ります!
また、路面が凍っているので人も車も滑りまくります!
参考資料はこちら(出展元:青森県警交通部交通安全課)

実は私も滑って転んで後頭部を打ってCT検査を受けた経験もあります。
そのあとに地元の方々から「ちゃんと滑らない歩き方があるんだよ~」と聞き、それもっと早く教えてよ~!なんてことも(笑)
こんなに悪いことばかり書いていたら青森の方にも、行ったことがない方にも青森に悪い印象を持たれるかもしれないので補足しますが、自然は豊かで空気はきれい、どこからでも星空が見える、食べ物は何でもおいしい、人は優しくあったかい。
いいところもたくさんあります。卒業してまだ1年もたっていませんが青森が恋しくなって、夏休みに遊びに行ってしまった程です(*^^*)

山道の紅葉と雪の積もるキャンパス(^^)

 

そんな青森での生活はというと・・・

バイト&バイト&部活

見出しにある通り、アルバイトと部活を繰り返す日々でした。
アルバイトは飲食チェーン店と居酒屋を掛け持ちし、平日は週4以上、土日もアルバイトがない日はないというくらいのバイト漬け(^-^;
気づけば35連勤!なんてこともありました。(掛け持ちしていたのでできたことですが、おすすめはしません(笑))
その一方で、体育会競技スキー部と、学校と市の懸け橋となる活動をする委員会に所属していたのでシーズンに入るとバイトよりもスキー部と委員会メインの日々に。

このようによくいる(?)大学生をしていた私ですが、あっという間に就職活動の時期がやってきました・・・

ついに始まった就活

大学3年の3月1日0:00~就職活動がスタート!
あの時期の周りの緊張感・焦りは今もよく覚えています。
しかし私は3月1日から10日間、現役最後の大会に出るためスキー部の合宿に参加していました。
もちろん、周りは会社説明会を予約し就活を始めていたのでとても不安でした。
合宿中、隙を見ては3月下旬の会社説明会を予約…。という感じで、若干出遅れた就活がスタートしました。

会社選びは直感で

私の中で、会社説明会へ予約・参加する基準は2つのみ。
本社が関東であること営業職の募集があることでした。
「本社は関東」に絞った理由は、ずっと転勤族で故郷といった故郷がなかったのでどこにでも行きやすい日本の真ん中にいよう。という理由から(笑)
営業職にした理由は、人と話すことが好き かつ 自分がいいと思ったものを多くの人に伝えたいと思っていたからです。
後は現実的に考えて開催日時と場所で決めていました。

関東で開かれることの多い説明会。青森からでは何度も行ける距離でなかったので、参加をあきらめたところもありました。
業種にこだわりはなかったので、色々な会社のことを知れる機会なんて今しかない!と思い、商社や不動産、部品メーカー、造園業など多岐にわたる分野の説明会に参加しました。

会社の良し悪しを決めるのは、完全に自分の直感
会社説明会で説明してくれる社員の方をみて、入社後の生活をぼんやりイメージし、やっていけるかな~?と考えてみる。
そして、1か所でも“あり”だと思うところがあれば選考に進むようにしていました。

ちょっと視点を変えただけで楽になる

就活は苦しいもの、ストレスがたまるもの、と思われがちですよね。
ですが、私は全くそんなことを感じずに就活していました。
苦に感じず就活が出来た理由はただひとつ。
説明会や面接に行くと、いろんな人に出会えるし、たくさん話せる!そう思っていたからです。
実家は中部地方の為、関東に拠点がない私はホテル住まいをしながらの就活・・・。
週1くらいで同じく関東で就活をする友達と会っていましたが、基本1人なので面接官と話せる時間を楽しいと思っていました。
(このことを友達に話しても理解されたことはありませんが(笑))

あとは、説明会や選考以外の時間を楽しむこと。
空き時間があれば気になってたお店に行ったり、美味しいものを食べに行ったりしていました。
面接では普段行かない駅に行ったりするので、その場所を満喫するのもいいと思います。
履歴書を書かなきゃ…明日受ける会社のこと調べなきゃ…経営理念は…などなど…自分で自分を追い込みがちになりますよね。
もちろん、しっかり用意していくのも大事です。ですが、心の余裕がなくなってしまうと本来できるはずのこともできなくなったりしちゃうのが現実。
そこで、履歴書は2時間と決めて書く、調べ物は移動中にする。などとはっきり決めて自分にとってストレスフリーな時間を作っていました。

夜行バスで青森に帰る前に。東京駅八重洲口から徒歩5分の超人気店「ダバ インディア」で腹ごしらえ♪

 

落ちたら落ちた。引きずらない。

私はいろんな分野の説明会に行き、選考を受けました。
当然全部が全部受かるわけなく、上位候補だった会社の選考にも落ちました。
でも落ち込むのはメールを見た時だけ。
そのあとは“ご縁がなかったんだな~”“行くべきところはここじゃなかったんだな~”と気楽に考えるようにしていました。
そして、その面接で失敗したと思うところがあれば“次は気を付けよう。”と思うのみ。
落ちてしまった以上、今出来ることは次に生かすことしかないですからね( `ー´)ノ

以上、今回は私流「就活に負けない方法」をお伝えしました。
自分を見失いがちな時期ですが、息抜きも大事ですよ(^O^)

次回・・・

学生が終わり遂に社会人に!入社の決め手は!?
社会人1年目、ぶっちゃけトークをお伝えします!

入社1年目の私が伝える!Part2『入社前後の心境変化』
入社1年目の私が伝える!Part3『楽しい新入社員生活を送る3つの方法』

>>>KAMIYA RECRUITING 2021