わが家にファブリックドアがやって来た!!!

色柄豊富なファブリックでインテリアを変えて、お家での気分を上げよう↺

 

フルハイトドア®横浜ショールーム店長の浅井です^^

今日は、2020年6月に発売されますファブリックドアのご紹介をしたいと思います。

ファブリックドアの開発を開始して3年。試行錯誤の末、やっと販売までこぎつけることが出来ました!

ファブリックドアとは?

1.フルハイトドア®の新商品

2020年6月発売の新商品です。ドアは出入りするだけの機能だけでなく、それに彩りや、楽しみをプラスしたインテリアドアが、「fabric concept」です。

 

2.ドアの内部にカートリッジが入り、出し入れ可能!

ドアを開け、端を押すとふたとなる部分が飛び出します。その中から布を貼るカートリッジが現れます。カートリッジはドアから簡単に取り出すことが出来ます。

 

3.カートリッジ部分に布を貼ったり写真を貼ることができる!

カートリッジを取り出してみましょう!

カートリッジは片面がドアと同色で、もう片面はホワイトとなっています。

写真などを貼るときはドアと同じカラー面に、ファブリックを貼る場合、生地の厚さや薄さで色の使い分けができます。生地が薄い場合は下の板の色が透けて見えるので、ホワイトカラー面に貼ることをお勧めします♪

 

カートリッジを取り出したら、ファブリックを貼ってみます。

 

両面テープを用意したら、カートリッジの端だけか、全面に両面テープをカートリッジに貼り、あとはカートリッジの大きさに合わせたファブリックを貼ります。

 

4.部屋の雰囲気を簡単に変えられるインテリアドア

今までドアはただの出入り口だけでしかありませんでしたが、このファブリックドアは部屋のインテリアとしても活躍します!

ファブリックは皆さんもご存じの通り、インテリア品として身近にいろいろ存在しますよね。

カーテン、ラグ、クッションなどなど。そしてドアにもファブリックが加わることで、お部屋の統一感がさらに増すこと間違いなし。

 

5.ドアップにも対応!

KAMIYAのフルハイトドア®には、他のドアメーカーにはない素敵なサービスがあります。

それは、フルハイトドア®アップグレードサービス『ドアップ』

有料のサービスではありますが、保証期間を過ぎたあとでもドアをリーズナブルな価格で交換できるので、新築時の快適な生活をいつでも取り戻せます♪

>>>ドアップをご利用いただいたお客様の動画はこちら

 

我が家にファブリックドアがやってきた!

そして、いよいよ一足お先に我が家にファブリックドアがやってきました!

まずは、ドアの入れ替えから。

プラチナ会員さんと同じように私もドアップを利用!我が家にファブリックドアが到着しました^^

私自身、初めてのドアップです♪

2014年に自宅をリフォームして、我が家のドアはフルハイトドアになりました。

その当時、ドアの色で迷ったのがホワイトとアイリッシュグレー。今回、このアイリッシュグレーのドアに交換することにしました♪6年前に迷ったドアが我が家にやってきました~^^

ドアップで取り換えたのは、1階の玄関ドア前にあるドアです。このドアは、入り口入ってまず飛び込んでくるドアなので、住んでいる家族はもちろん、客人にもすぐに目に入ってくるドアです。

家に入ってきて出迎えてくれるドアなので、ファブリックを取り入れることで、季節感を出し、定期的に変える楽しみが出来ると思ってこちらの場所を選びました。

 

さて、取替え前と取替え後でどうなったかというと・・・

印象がかなり変わりました!!!

 

いかがでしょうか? 自分的には大満足です!!!

ドアの色が変わっただけでも印象が変わるのに、さらにファブリックを追加することで、また印象が変わりました。

壁面も少ない玄関前なので、この場所をファブリックドアに変えたのは正解でした(^^♪

これから、季節ごとに楽しんで使っていこうと思います~

 

>>>フルハイトドア®に興味を持っていただいた方はこちら

>>>神谷コーポレーションってどんな会社?

>>>世界基準のドアって?

 

↓↓この記事を書いているのは

フルハイトドアのKAMIYA