色や質感だけで選んでいませんか?ウール最強説【ソファの選び方後編】

こんにちは!神谷コーポレーションの髙山です。

おうち時間が増えた今、家具を新しくご検討されている方も多いのではないでしょうか。

家具は長く使い続けるものですし、金額的にもすぐに買い替えることは難しいことが多いので、選び方に慎重になると思います。そこで、3月まで家具業界で働いていた私の経験を活かしていくつか情報をこのブログを通して発信させていただきます!

皆さんの家具選び・心地よい暮らしのお手伝いが出来たら嬉しいです(^^)

 

今回の後編ではファブリックについてご紹介させていただきます!

前編ではサイズについてご紹介しています。(前編はこちらから

 

ソファカバーの素材の種類について

素材は大きく分けてファブリックとレザーの2種類になります。ファブリックは複数の素材が合わさっている場合が多く、質感や手触りがそれぞれ異なります。

メンテナンスが簡単な素材はどれ?

長く使うという観点で言えば、メンテナンスが1番簡単なものはレザーの本革です。高価な商品が多いですが、 その分ファブリックでは叶えることができない高級感があり、経年変化を楽しむことができます。 一方でファブリックの場合は、ウール(羊の油分が含まれた生地)が配合されている生地であれば 比較的汚れをはじきやすく丈夫なため長く使用することができます。「ウールはチクチクしているから嫌だ!」というお声を多く聞くのですが、使用していくうちに細かい毛が馴染んでいくので気にならなくなることが多いです。(最初は少し我慢が必要かもしれません)

お勧めの生地ブランド:Kvadrat(ヨーロッパでシェアNo1の生地メーカー)

イギリス、ノルウェー、オランダで織布工場を所有する Kvadrat は、生産・デザイン工程全体で排出量、廃棄物、資源活用をより厳格に管理することができます。 耐久性は環境に配慮したデザインにとって何より大切であるとの信念から、Kvadrat テキスタイルのほとんどに 10 年間の保証を付けています。 Kvadrat テキスタイルは、最高品質の原材料のみを使用して作られているため、耐久性に優れ、環境影響を最小限に抑えています。

出展:Kvadratについて Kvadrat
https://www.kvadrat.dk/ja/about/our-company

一見オレンジの生地でも、よく見ると赤やベージュの糸が使われていたり、見る角度によって光沢感が出たりと、一つ一つがとても美しいです。ジルサンダーやクリスチャン・ディオールのデザイナーをしていたラフ・シモンズや、インテリアデザインで有名なロナン&エルワン・ブルレックなど、様々なデザイナーとコラボもしています。

(1)ファブリックの種類

コットン:通気性と吸水性が抜群。一方で、洗うと縮みやすい特徴があります。

リネン:丈夫で長持ちすることが一番の特徴。軽くさらっとした肌触り。

ウール:油分を含むため汚れをはじきやすく、夏は涼しく冬は暖かい素材。

ポリエステル:シワになりにくく、洗っても縮みにくい。静電気が起こりやすい一面も。

ナイロン:軽くて摩擦に強い。弾力性があり型崩れしにくい。

アクリル:カラーバリエーションが多く、保温性が高い。吸水性は低い。

ファブリックソファーではカバーを取り外すことができる「カバーリング型」と、取り外しができない「張り込み型」があります。カバーリングだと取り外して洗濯ができるので、小さいお子様やペットと生活されている方にお勧めです。

※洗いすぎは生地を痛める原因となりますので、汚れはお湯と中性洗剤で軽く叩くように落とす方法でメンテナンスをすると、長く綺麗にお使いいただけます。

(2)レザーの種類

合皮:人工の皮。本革と比べると安価で耐久性が低い。

本革:お手入れ次第では10年以上使用できるほど丈夫。経年変化を楽しめる。

レザーは圧倒的な高級感がありますが、デザインによっては品質は維持したままカジュアルな印象にすることもできます。本革は天然素材のため個体差があり、シワの入り方に特徴が見受けられます。もしシワが気になる場合は合皮がおすすめです。

 

実は、フルハイトドア®のメーカーKAMIYAにも本革を使用したドア「FIVEQUEENS」があるんですよ、、!ソファーや靴、鞄といった革製品が日々の生活をアップグレードさせるのと同様に、「FIVEQUEENS」の天然牛革もお部屋をワンランクアップさせ、他のドアでは味わうことのできない経年変化もお楽しみいただけます。

FIVEQUEENS / 神谷コーポレーション

 

ライフスタイル別のおすすめソファ

(1)二人暮らし、たまに家族や友人の来客がある場合

出展:ELEPHANT SOFA / Karimoku New Standard

 

https://www.karimoku-newstandard.jp/products/elephant-sofa-ottoman/

来客が多い場合はラウンジソファ、もしくは2~3人掛けソファにオットマンをプラスすることをお勧めします。ラウンジソファは単純にサイズが大きいので2人以上で利用できることがメリットですが、2人暮らしのお部屋にはサイズが大きすぎることもしばしば、、。そのような場合は2~3人掛けソファにプラスしてお部屋の空いている場所にオットマンを設置することで、無理なくソファスペースを確保することができます。

(2)お子様2人とご夫婦の4人暮らし、お友達など来客が多い場合

出展:TEMPS CALME / rochebobois

 

https://www.roche-bobois.com/product/temps-calme-corner-composition/3598.html

お子様がいらっしゃる場合は床と距離が近いフロアソファがおすすめです。ゲームや読書といったそれぞれの自由な過ごし方を自然と近い距離で行うことが可能です。また、ご親戚や学校のお友達などの来客があった場合もカジュアルに距離感が近く、楽しい時間をお過ごしいただけます。

 

前編と後編のまとめ

ソファ選びのポイント①:必ず搬入経路の導線と広さを事前に確認する!

ソファ選びのポイント②:メンテナンスが1番簡単なものはレザー。ファブリックの場合は、ウール(羊の油分が含まれた生地)が配合されている生地であれば 比較的汚れをはじきやすく丈夫なため長く使用可能!

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます!簡単にはなりますが、以上がソファ情報のまとめになります。これからも他の家具の情報を発信していければと考えています!ぜひ次のブログのチェックしていただけましたら嬉しいです、引き続きよろしくお願いします(^^)