子供部屋がファブリックドアでこんなに変わりました! ファブリックドアで楽しいお部屋♪

ファブリックドアをご使用いただいたお客様に、交換された時の感想などを伺いました。

こんにちは。
フルハイトドア®横浜ショールーム店長の浅井です。
ファブリックドアをご利用いただいているお客様へご使用感などのインタビューを行いました!

お客様プロフィール

神奈川県にお住いのY様
海のイメージを感じさせるご自宅を3年前に建築され、フルハイトドアをご採用
ドアップにて子供部屋(男の子:片引き戸、女の子:片開き戸の2か所)にファブリックドアに交換
ご主人、奥様、幼稚園児(長男)、幼児(長女)の4人家族
リビングに奥様のご要望でブランコを設置!アイデアいっぱい仲良しご家族♪

 

 

ファブリックドアに交換された時の感想

浅井:以前のドア(CUBEシリーズ シェルホワイト CF1型)から、ファブリックドアに交換されましたが、交換された感想はいかがですか?

交換前:開き戸(女の子のお部屋)
交換後:ファブリック

 

交換前:引き戸(男の子のお部屋)
交換後:ファブリック

 

奥様: ガラッと部屋のイメージが変わりました^^
元々部屋の壁紙が白、ドアも白で、ファブリックドアに交換した部屋が子供部屋という事もあって、貼る布は今回ポップな柄を選んだので、楽しいイメージに変わりました。

ファブリックドアに貼った布はどんなテーマで選ばれましたか?

浅井:たくさんの色柄があると思いますが、今回誰がどの様に選ばれましたか?

奥様:家族で布屋さんへ行って、子供がたくさんある布の中から(男のお子さんが)「車がイイ」って言うので今回の柄に決定しました。

始めいろいろテーマを悩んだんですけど、子供部屋という事もあり今回はシンプルに、子供に好きな柄を選んで貼ってみようと思いました。

(女のお子さん)はまだ小さくて自分では選べないので、私が選びました。たまたまケーキ柄を見てこんな面白い柄があるんだ~と思ったのと、白いドアにこの柄が似合いそうだな~とパッと見て気に入ったので購入しました。

浅井:ケーキの層の柄がちょうどカートリッジの高さにあっていて、この柄よく見つけられましたね!

奥様:そうなんですよ~。貼ってみたらちょうど良い感じでした。ただ、今思いましたが、カートリッジ全面を貼るのではなく苺の部分をなくして真ん中にケーキの断面だけでも面白かったかな?と今ふと思いました(笑)

浅井:ドアがとてもおいしそですよ~(笑) よく見ると両側にお花の飾りがありますね。

奥様:あははははっ。普段生地を買い慣れていなくて。 実は、買って貼ってみようとしたらカートリッジの横巾まで布が足りなかったんです(^^; ちゃんと測って購入したつもりが生地の巾のサイズを見落としたのか?そもそも柄の向きを間違えて買っていたのか?思った柄の方向が違っていて、貼ってみたら足りませんでした。

端まで生地が足りなかったので、花で装飾してみました(笑)

 

フルーツ層の向きはタテだったそうです((+_+))

 

浅井:そういうことだったんですね~(笑) このお花はどうやって取り付けているんですか?

奥様:なるべく跡がつかないようにと思い、両面テープとマスキングテープで取り付けています。

アップにしても全然テープがわかりませんね~

 

浅井:テープで取り付けられているんですね!写真を見る限りでは、全く目立ちませんね!これは、カートリッジを入れた後に、ドアの正面からお花を貼ったってことですか?

奥様:そうなんです。ドアの正面からお花の茎の部分にマスキングで止めています。

浅井:アイデアですね!でもドアの開け閉めは大丈夫ですか?

奥様:少しカートリッジ部分が奥行があるので、大丈夫でした。

ご主人:開閉は問題ないですね。

 

カートリッジに布を貼る作業をされたご感想は?

浅井:カートリッジに布の貼る作業を今回始めてやられていかがでしたか?

奥様:主人と流れ作業の様に2人で行いました。2枚分でしたが簡単でした。
この先も交換すると思ったので、次の張り替え時の事を考えて、剥がしやすい様に直接カートリッジに両面テープを貼らず、まずはマスキングテープを貼ってからその上に両面テープ、その上から布を貼りました。

布はアイロンをかけ、布を切る作業は私ではなく主人にやってもらいましたが(笑)布をきっちり測って切らなくても、カートリッジの大きさに合わせて切り貼ってみたら、意外にきれいに貼れました!2人で貼る作業を楽しみました(笑)

布を貼る作業時間はどれくらいでしたか?

浅井:ドアが2箇所分ありましたが、実際作業時間はどれくらいでしたか?

ご主人、奥様:カートリッジを入れるまでで、大体30分くらいだったと思います。

浅井:開き戸と引き戸で違いはありましたか?

ご主人:カートリッジの蓋になる部分ですが、引き戸はコインで開けられるって聞いていましたが、コインを使わず爪で出来ました。

こんな感じで爪でネジを回されたそうです

 

浅井:爪でされたんですか!

ご主人:ネジを固く締めなければ、爪でも全然大丈夫です。締めきらなくても、カートリッジが外れることもないので、大丈夫ですよ。

浅井:開閉もその状態で支障はありませんでしたか?

ご主人:全然問題ないですね~

浅井:カートリッジも外れることもないですか?

ご主人:大丈夫です^^

 

布を貼り終えたあとのご家族の反応は?

浅井:今回布はお子さんが選ばれましたが、貼り終わったあとお子さんの反応はいかがでしたか?

お子さん(男のお子さん):楽しい~♪

浅井:今度はどんな柄がいいかな?

お子さん(男のお子さん):電車!

浅井:乗り物シリーズでいいね~

奥様:こんな感じで子供は喜んでいました^^車が好きなので、車柄なので「イエーイ」って言っていました。ケーキ柄の方も、上の子(男のお子さん)も、おままごとが好きなので楽しんでくれました。

子供の友達のお母さま方が家に遊びに来た時も、ファブリックドアを見てもらいました(笑) みなさん、「すごく素敵じゃない~」って言ってもらいました^^

自分たちもやってみてホント素敵だな~って思いました。

これからもいろんなアイデアを出してやってみたいな~って思っているんですけど、なかなかイメージ通りの良い柄が見つからなくて・・・

浅井:そうなんですね~。ちなみにどんなイメージなんですか?

奥様:写真みたいな柄がいいな~って思っています。

浅井:写真みたいだとなかなかイメージ通りの物ってみつからないと思うので、そうなるとオリジナルでプリントしたらいかがですか?

Tシャツとか、オリジナルで作りたいときに、家のプリンターで印刷してアイロンで転写する「インクジェットアイロンプリントシート」を使えば、もしかするとイメージ通りの物が出来るかもしれませんよ。

参考サイト:Amazon

奥様:そうゆう物があるんですね~。知りませんでした。ちょっと挑戦してみようかな?

浅井:生地屋さんで恐らく売っているので、良かったら探してみてください^^

 

次回はどのくらいのタイミングで行いたいと思っていますか?

浅井:今回初めてファブリックドアのカートリッジに布を貼られましたが、次回はいつ頃をお考えですか?

奥様:そうですね~。せっかくなんで夏バージョンもやりたいと思っているんですけど、なかなかイメージ通りの布がなかなかなかったのでどうしようかな?って思っていました。転写シートの話を聞いたので、どんなものか見てから考えようと思ってます^^

浅井:次々創作意欲が湧いてくる感じですね!変更したら見せてくださいね!楽しみにしています♪

 

次回はどんなファブリックドアかな?お楽しみに♪

 

↓↓この記事を書いているのは

フルハイトドアのKAMIYA

↓↓ドアップをされたお施主様インタビュー記事はこちら

本当にドアップをやってよかったって思って。本当に明るくなって妻が喜んで

床に段差がないことで掃除もしやすく、さらに車椅子の移動もバリアフリーで助かっています。

開けて開放感が出るところが、使ってみて良かったなって思ってます。

>>>ドアップって何?