おうち時間に家族でボードゲームやりました!

KAMIYAスタッフが、今だから家での快適な過ごし方や生活を豊かにするコトを考えてブログを書きました。今回は家族で楽しめるボードゲームをご紹介します。

こんにちは、神谷コーポレーションの山中です。
かんたん見積作成ツール・カムイの受注業務を担当しています。

おうち時間が増えている昨今、連休などの長めのお休みはどう過ごされていますか。

私はいまだかつてないほど長い時間を家で過ごし、ふと気付きました。

家族揃っているのに会話がない・・・

リビングに全員居るのに、それぞれスマホ、タブレット、switchでゲーム、youtube、各自見事な単独プレー・・・

そこで会話ゼロ家族を解決すべく、ゲームはゲームでもボードゲームをやってみようと思いつきコレを買いました!

 

ボードゲーム『ウボンゴミニ』を家族で遊んでみた

『Ubongoウボンゴ(ミニ)』ウボンゴとはスワヒリ語で『頭脳』という意味。

写真から想像できる通り、パズル早解きゲームで、2人~4人でプレイします。

対象年齢は7歳から。子供から大人まで楽しめるので家族にピッタリのゲームです。

ネットで、大体1000円前後で売っています(^^)

なぜコレを選んだかというと、それは子供の頃大好きだったテトリスに見た目が似てたからです(笑)

ルールはとても簡単!8個のタイルを組み合わせて、カードに描かれた枠どおりに敷き詰めるだけ!です!・・・ですが・・・

やってみると、身体も頭も硬い私はけっこう苦戦しました(笑)

それでは、そんなウボンゴミニの遊び方を紹介します。

① パズルタイルを配ります

ウボンゴミニには8種類の形のパズルタイルとタイルがはまる枠がついたカードが入っています。

まずは全員に8種類のタイルを配り、一人1枚ずつカードを引いて準備は完了。

 

② カードを引いてスタート

それぞれ1枚ずつカードを引いたら「よーい、スタート!」

頭と手を早く動かして、枠を3個のタイルで完成させます。

 

③ 時間勝負!最初に完成し「ウボンゴ!!!」と叫んだ人が20秒のカウント

1番早く完成した人が『ウボンゴ!!!』と叫び、『1・2・3・・・』と20秒までカウントします。

 

④ 20秒以内に完成しなければ負け

そうです、20秒以内にクリアできなかったら負け。焦ります・・・

時間内にクリアできなかった人は最初にクリアしたウボンゴの人にカードを渡します。

2番目以降でも、時間内にクリアできればカードは自分のもの。8ラウンドで1番多くカードをゲットした人が勝者です。

難しそうですが、カード1枚あたり3通り以上の解き方があるそうなので何とかなります(笑)

数秒でひらめく時もあれば、迷宮入りする時も・・・( ;∀;)

 

⑤難易度も選べます

カードは表と裏があり、難易度が違います。3枚で簡単にできるようになったら難易度を変えてさらに楽しめます。

表面A:易しい パズルタイル3枚

裏面B:難しい パズルタイル4枚

 

ウボンゴミニを体験してみて

『参戦ニャー♪』ウチのニャンコまでやりたくなるウボンゴミニ(笑)

意外と誰が勝つか分かりません! 

数学0点頭脳が勝ったり、小学生頭脳が勝ったり、高齢頭脳が勝ったり、、、負けず嫌い家族はウボンゴのおかげで連日盛り上がり、会話ゼロ問題は見事に解決

久しぶりに家族そろって燃えた楽しい時間でした。

調べてみると他にも色々と新しいボードゲームが出ています。お盆休みにはどんなボードゲームをしようか今迷い中です(笑)

 

 

 

 

 

↓↓この記事を書いているのは

フルハイトドアのKAMIYA

 

おうち時間にやってみた記事はこちら↓↓↓

DIYで楽しくおしゃれに!リモートワーク用デスクを作ってみました。

おうち時間で初めて男の料理にチャレンジ!

小さなものから断捨離してみよう!

自家製フレッシュハーブでおうちカフェ