リビングをワンランクアップしたい人におすすめ♪「壁を装う」

壁を装うと家の雰囲気がかなり変わります♪

 

こんにちは~^^
フルハイトドア®横浜ショールーム店長の浅井です。

 

家を飾るシリーズ第三弾!リビングをワンランクアップしたい人におすすめ「壁を装う」についてお話します。

今までの家を飾るについてはこちら^^
第一弾「お花の飾り方をちょっと工夫するだけで癒し度UP!」
第二弾「写真や小物でお部屋を飾って楽しもう♪」

 

今夏はコロナの影響でゴールデンウィークに引き続き、帰省をあきらめたり出かけるのを控え、家で過ごされる方も多いと思います。
長くいる場所だからこそ『気持ちよく過ごせるようにしたい』、『家をきれいにしたい』と思い、いつもならしていなかった家を飾りたいと思うようになりました。
特に、一番家族も自分も長くいるリビングは、居心地を良くしたいナンバーワンの場所!
という事で、私が実践した「リビングを飾る」を2つほどご紹介します。

その1 リビングをワンランクアップしたい人におすすめ♪「絵画を飾る」

昔から応接間には必ず「絵画」がつきものだったと思います。(勝手なイメージかもしれませんが笑)

出展:KANTERA HOUSE

 

昨今の住宅で応接間はなかなかお目にかかれませんが、部屋を飾る代表はやはり「絵画」かと思います。
最近はニトリや通販などで絵画もどきのアート系ポスターや、キャンバスが簡単に手に入りますが、今回は画家さんが描いた絵画を飾ります。
入手方法はいろいろあると思いますが、一番お手頃は通販らしいです。
その辺は詳しくないので、別のサイトをご紹介♪
→「WASABI -ART SHOP ONLINE
【保存版】絵を買う場所は?飾り方や注意点は?初心者向け・絵画購入の手引き」

飾る場所を決め、絵画を入手しましょう!ネットオークションという手もありますね。

 

私の場合は、別の方法でそれも突然手に入りました。

上司のお父様が亡くなり、集めていたコレクションをすべて捨ててしまうという!もったいない話を聞きつけ、会社に捨てるはずの絵画たちを持ってきていただきました(^^)/
そして、社内オークション!意外と欲しいと思う絵画がかぶらずに2点ずついただきました♪

こんなにたくさんの絵画たち(捨てるのはもったいない)
絵に番号を振り、みんなでオークション気分♪

 

選んだポイントですが、愛着を持てるか?でチョイスしました^^せっかくいただいた初めての絵画なので大切にしたいと思い、絵画と自分の共通事項が何かを考えてみました。風景画も多かったのもあり、「自分が訪れた事がある場所」という事と、雰囲気が似ているこちらの2点を選びました^^

 

 

↑↑↑私がいただいたのはコチラの2点♪

 

お父様は絵を購入した場所と日付をしまっていた箱の裏側にキチンと記録されていました。

読みにくいかもしれませんが、「パリ複製 58.5.5 モンマルトルテルトル広場にて」書かれていました

 

この様に絵画のルートがわかると、さらに愛着も湧きます(^^♪

せっかくいただいたいので、絵画は額縁を変えるとまた雰囲気も変わるので、額装をキチンとしたいと思っていたのですが、ちょうどいただいてからコロナで外出自粛も始まってしまったので、ひとまずいただいたそのままの額縁で飾るコトにしました。

どうですか?家の格が上がった感じがしませんか?
さすが昔から応接室に飾られるだけある絵画!やっぱり格があがるんですね~。自分でもびっくり(◎_◎)

他のメンバーも、家でこんな風に飾ったそうです^^

いつもの部屋がみんな変わったそうです♪

 

ちょっと絵画を飾るだけで、部屋の雰囲気も、気持ちも変わりました^^
家をワンランクアップ、特にリビングをワンランクアップしたい人にはぜひおすすめしたいです!

 

次にご紹介するのはこちら^^

その2 季節感を取り入れたい人おすすめ♪「スワッグを飾る」

このコロナ禍になってから実践したことの一つに花を飾り始めました。今までは誰かに頂くことがない限りほとんど家を飾るためにしたことはありませんでした( 一一)
家の中にいる時間が長く気持ちよく過ごしたい、家の中を明るいイメージしたいと思うようになったからだと思います。
そして、そんな矢先我が家にファブリックドアがやって来たこともあり、その相乗効果として定期的に飾り始めたのです(^^♪

チラッ見せ(#^^#)今まで飾ったお花たち♪

 

だけど、気温が高くなるにつれ、花を買っても長くもたずすぐに枯れてダメになってしまう事が多くなりました。
飾って楽しむ時間が非常に少ない!なので、どうしようかと思っていたところ、2020年8月29日(土)に開催されますオンラインフラワーイベントで、壁に飾る花飾り「スワッグ(swag)」を作ることになりました。

 

みなさん「スワッグ(swag)」ってご存じですか?私は知らなかったのですが、実は知らずに取り入れていました(笑)

突然ですが、わが家には鉢植えのユーカリの木があります。
成長が早いので結構早く枝が伸び、時々枝を切ります。ユーカリは虫よけにもなるのでその枝をゴムでまとめたら、ごみ箱の近くの壁に引っ掛けていました^^

↓ここまでのボリュームはありませんでしたが、イメージはこんな感じ

出展:Instagramオーバーランドパーク

 

これがいわゆるスワッグと言うものらしいです。
→スワッグについては別記事で!

お洒落に部屋を飾りたい♪ちょっと珍しい壁飾り『スワッグ』の魅力

 

知らず知らずのうちに実践していたスワッグなのですが、このスワッグはまさに夏に花を飾りたい人におすすめ!ドライフラワーや、造花を利用すればこの暑い夏でも枯れずにずーっと持ち、楽しめます♪

先日行ったイベントのリハーサルでは、私はアシスタント役なのでその時は作れませんでしたが、コツをエドウィンさんが作るのを間近で見ていたので、材料を入手しさっそく作りました。

自分で言うのも何なのですが、もしかするとエドウィンさん並みの出来上がりじゃないでしょうか?(笑)

本来なら、飾る場所を決めてから作った方がそこに合わせた感じで作れるので、飾った時お部屋に非常にマッチするそうです!私は残念ながら作ることを優先し、飾る場所を決めていませんでした( 一一)

という事で、まずリビングに飾ってみました^^

ビフォー

 

アフター

 

元々あった飾り物とちょっと雰囲気があっていたので近くに置いてみました^^

 

この場所もなかなか良かったのですが、こちらも合うのではないかと思いちょっとやってみました。

ファブリックドアの取っ手にかけただけです^^

 

このドアは玄関前にあるドアなので、家を入ってすぐに目に入るので、帰って来た時の出迎えにちょうど良いです^^ファブリックドアも引き立ちます。(ただし、ドアの開閉には時には注意が必要^^;)

家を飾るコトをし始めた人も、やっていた人にも参考になれば幸いです(o^―^o)

 

↓↓この記事を書いているのは

フルハイトドアのKAMIYA

 

↓↓関連リンクはこちら

>>>KAMIYAのファブリックドアとは?

>>>KAMIYAのイベントについて

>>>オンラインフラワーイベントに参加したい人はこちら